無理をしない!負担をためない!醍醐味だけ積み重ねる減量

あたしは産後、乳房で幼子を育てました。
乳房だとどんなに食べても何ら太りませんでした。
ただし断母乳後に授乳内側といった摂る嵩が貫く通り気づくとヤバイウエイトに…。
その時163cmで誠に61kg!当然持ち合わせるボトムはきつくなりウエスト割り当てがゴムのものばっかり買い足して楽なクライアントへといった逃げていました…。
そういう私でも自分勝手痩身で半年で50kgまで落ち、それから通年ですがウエイトはキープされている。
その痩身コツは、ひとまずあたしは作用が大っ嫌いだ!但し痩身=作用だしなーと思い取り敢えず日々半ジョギングしました。
但し、はなはだつらい…。
作用苦手なあたしにとりまして再び走るからにはこのまま太っていてもいいんじゃないかと想うほど外圧になっていました。

あたしは食べることが穴場でお米も大好きです。
通常も毎日三食、正午飯はおかわりを通じて作用といえば幼子という公園ぐらいでした。
飯は穴場だけど走るからにはその走って消費するカロリー当たり食べないほうが簡単なんじゃないか…?と思いひとまず走り回るのをやめて炭水化物を抜きました。
その代わり大好きな鍋を吐出し好きな嵩を食べていいことにしました。
そうするとジョギングをしている時も外圧がなくなったのです。
初めは大好きなお米が食べられないーとしていたのですがそれ程鍋もお腹は満たされ味覚も好きなように変えられるのでてんで飽きませんでした。
ゼロ週のうち週末は好きなものを食べていいことにしました。
そうなると4お天道様目ぐらいからウエイトがガクッと減ったのです!頑張るってあしたもそのあしたも少しづつですが確実に減っていくウエイトがうれしくて徐々に苦じゃなくなってきました。
もちろん生理前は食べてないのに体重が増えたりしたのでそういった機会はストレスになるのでウエイト累計には乗らずに甘いものもちょっとですが食べてもいいことにしました。

そんなことを続けていくうちに幾らかずづ自分の人体に合った痩身法がわかってきました。
55kgまで落ちた頃に炭水化物をまた食べ作ることにしました。
痩身をやめたわけではなく太らない同列というのがわかってきたからだ。
今は午前は食べない。正午はがっつり食べます!外食もOKです!夜は食べません。
正午にがっつり食べると夜更けも腹がへらずにいられます。また正午の時間も午前を食べていないので早めに食べるようになりました。
夜に飯をしないと眠る頃には腹が鳴っていますが午前起きるとスッキリした心持ちで起きられるんです!

自分が無理なく保てストレスのない痩身が大事なんだなと再び思いました!
これが私の行った作用控える痩身だ。太りたくない